まぶたたるみの予防とケア

まぶたのたるみといっても、まだそれほどひどくはなく、皮膚自体がたるんでいるだけの場合は、毎日のケアで改善することも可能です。老化対策を行い、肌のアンチエイジングにも努力すれば、まぶたにたるみを寄せ付けることがありません。アイケアクリームや眼の下に施すパックなどの化粧品は、まぶたのたるみをケアするのに効果的なものです。肌のハリを少しでも取り戻すようにすると、まぶたのたるみは軽減するので、目じりやまぶたに美容液を塗りこんで保湿成分を与えましょう。まぶた周辺部へのマッサージは、まぶたのたるみの解消・予防が期待できます。マッサージされるとまぶたのたるみ部分が刺激されるので、血行が促進されて改善されるのです。朝晩に1分程度のマッサージを行い、その後に指の腹で目の周りを軽くタッピングして刺激します。中指と薬指を使って目じりからまぶたのたるみをなぞり、鼻まで持っていってマッサージします。その後もう一度まぶたを通って目じりまで戻し、目じりからほほの線をなぞってあごまでのマッサージをしましょう。歳をとるごとに肌が衰えるだけでなく、紫外線も肌を老化させるのです。紫外線により肌はコラーゲンやエラスチンなどが壊されて、弾力性を失ってしまうので、適切なケアが必要になるのです。紫外線によるまぶたたるみの悪化を防ぐためにも、紫外線カットやUVケアを冬場でもしっかりすることが必要です。

婚活は複数同時進行がおすすめ!辛いけど迷わないでください