まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える

まぶただけでなく、どの人間の筋肉も使わないでいると弱まっていきます。まぶたを支える筋肉も例外ではなく、加齢などの要素も加わってまぶたはますますたるみが出るのです。まぶたの筋肉の力を落とさないために、適度に筋肉を鍛えると、まぶたのたるみを予防するのにも効果的です。目の周囲には眼輪筋という筋肉があり、使わないでいると筋力も低下してしまいます。眼輪筋は特に意識しなければ使うことのない筋肉ですが、日々鍛えるようにすればまぶたのたるみを予防することはでき、同時に表情筋も鍛えるようにすると表情も生き生きと豊かにすることができます。瞬きをわざと繰り返すようにすると、眼輪筋を鍛えることは可能なのです。下まぶたに関しては、普段の瞬きなどでも動かすようなことはほとんどありませんが、指で上まぶたを押さえて、下まぶたが持ち上がるような瞬きをしてみましょう。そうすると、下まぶたの運動になってまぶたの筋肉が鍛えられ、まぶたのたるみが軽減されます。そして顔全体の運動として、顔を中心に集めるようにしたり大きく広げたり、目をぱっとひらいてからしっかり閉じたりする動作を繰り返しましょう。こんなまぶたの瞬きの運動もまぶたのたるみを解消するのに有効です。毎日のちょっとあいた時間に数分間続けることにより、効果が現れます。場所や時間もきにせずにできる簡単な運動なので、毎日続けてまぶたのたるみを解消しましょう。

婚活初心者が最初に読みたい!おすすめ成功法