加齢による目の下たるみ

顔の中でも、目の下のたるみ部分は気になりやすい部分であり目の下がたるむと老けた印象を与えます。眼の下にたるみができる要因は、年齢とともに肌が衰えることが第一にあげられます。若い10代のころの肌にはたるみなどほとんどありませんが、20歳も超えるようになると、少しずつ眼の下がたるむようになるのです。この眼の下のたるみは、顔の筋肉と皮膚が老化することで起こります。人間の皮膚は加齢により少しずつ薄くなり、弾力性が低下し皮膚の保持機能が緩む傾向があります。加齢にともなって目の下の細胞一つ一つが浮腫状になってボリュームが増えるため、肌全体が垂れ下がってたるみができあがるのです。眼を開けるときには上眼瞼拳筋という筋肉が働き、閉じるときには眼輪筋という筋肉が働きます。眼の周囲にある筋肉はとても薄くて小さく、弱くなりやすい筋肉で、歳をとるとこの筋肉が衰えるため皮下脂肪を支える力も低下して、これも原因で眼の下のたるみができてしまうのです。自分で目の下のたるみがどれくらいか確認することができます。大きく口を開けて天井を見て、目の下につまめる部分があるか確認しましょう。手でつまめれば、目の下のたるみがあるということです。歳をとってだんだん肌が弾力性を失ってくると毛穴が垂れたようになるため、多円形の毛穴が見つかれば、たるみがあるという証拠なのです。

婚活中の体の関係はいつから?女性の上手な断り方を紹介