顎の整形手術について

顎の形を整形手術で変えたいと思っている人は多いですが、顎の整形手術とはどのようなものなのかはあまり知られていません。全身麻酔を施してから、顎の整形手術をすることになります。全身麻酔はリスクが伴うものなので、クリニックを選ぶ時は麻酔設備が充実しているところを探しましょう。麻酔は優秀な医師によってきちんとした手順でかけらる限り問題はありません。顎の整形手術は肉と骨を分けて余分な骨をカットします。丁寧に施術が行われるならば一日一人が限度です。レントゲンを見ながら慎重に施術を行っていきます。適切な施術であれば、手術箇所からの出血はほとんどありません。所要時間は6時間程度です。顎の整形手術後の痛みはほとんどないのですが、ただ感覚が少し鈍い感じがするかもしれません。2週間ほど強い腫れが続きます。整形後しばらく顎が腫れてしまうことは避けられませんが、1ヶ月で約7割の腫れはなくなります。顎の整形手術が終わってからしばらくはお風呂に入った時に湯船につかってはいけません。シャワーのみ認められています。ミントなどの成分の入った市販のはみがき粉はしみるので、はみがき用の消毒液を処方してもらいましょう。抜糸までは無理をしないように。2週間後の抜糸までは仕事靄住めるよう事前に段取っておきます。食事もおかゆなどの噛みやすく顎に負担のかからないものにしてください。体力的にも経済的にもなかなか大事業になるのが顎の整形です。本当に必要な手術なのか、代案はないのか等よく検討してみましょう。

骨盤ショーツ『リシュット』は産後ママの悩み解決|ポッコリお腹がすっきり♪