ピーリング石鹸の使い方

自分の手でケミカルピーリングを行うには、ピーリング石鹸を使うといいでしょう。ピーリング石鹸できれいな肌を取り戻すには、どのような方法で洗顔したらいいのでしょうか。ピーリング石鹸を使う前には、あらかじめ顔をぬるま湯でぬらしておきます。しっかりした泡をたてるのがピーリング石鹸を使う際の大切なことで、それにはネットを利用してあわ立てると簡単にたくさんの泡が立てられます。特に角質が残っているようなあごやおでこなどからマッサージするようにして洗い、それは円を描くような感じでくるくる回しながらマッサージするといいでしょう。ピーリング石鹸で洗うときは指で洗わずにあわ立てた泡で洗うような感じで洗顔するようにします。ピーリング石鹸は指を使って洗顔すると肌を傷つけてしまう心配があるので気をつける必要があり、また唇や目元にはピーリング石鹸がつかないようにしなければなりません。気になる部分にだけ泡をつけて3分ほど放置すると効果が高まりまが、肌の弱い人は放置する時間を少し短くしないとピリピリしてくるので、その場合はピーリング石鹸の泡をすぐに洗い流します。泡をつけて少しの間待ったあとは、泡が完全になくなるまでしっかり洗い流すようにします。ピーリング洗顔後の肌は、とても敏感で乾燥模しているので、しっかり保湿してケアをしましょう。非常に溶けやすい性質のピーリング石鹸は、使用後にしっかり水分を切るようにしないと溶け出してしまいます。お風呂場などにそのまま残しておくと湿気で溶けやすいので放置するのはやめましょう。

おうち時間は家族で楽しく動画視聴|無料でU-NEXTをお試し!!